2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 初日の出 | トップページ | 珍入者 »

2007年1月 4日 (木)

凧上げ

【2007年1月3日】
 今日も本当は、休園日。出勤してくれる有志を募って、新年凧上げ会。
平尾台は標高500メートル。冬場は気温が低く、風雪も強いので集客施設としてはオフシーズン。どんなイベントをしても、どんなにPRしても入場者動員は至難の業。そんな中、周囲の反対を押し切って、定休日の三賀日のどこかで「凧上げ会」を毎年強行。
 実はこの凧上げ、冬の平尾台でできる、数少ないもよおしのひとつ。風が強く、電柱や立木がなく、寒くても屋外が前提は平尾台にぴったり。毎回人気で500人以上が訪れています。

Dsc03689 今日もみんな手に手に凧を持ってやって来ます。凧愛好会の方たちも招いているので、お昼過ぎには平尾台の空が色々な凧でうまりました。

 平尾台はきれいな風が吹きます。といっても汚染されていないという意味でなく、流線の乱れのない風が吹きます。建物・木立・地形の起伏が多い平地では渦巻いた風になり、凧がなかなかあがりません。平尾台は地上低くでも凧は素直にあがってくれます。お天気もときどき晴れ間ものぞき、凧も高くあがって、好いお正月になったようです。

 凧上げは施設のPRに好い効果もあります。実際来場した1000人弱の背後に約10倍の来るにはいたらずとも興味を持った人々、さらにその10倍の「平尾台で凧上げ」の情報に触れた人々が存在するからです。このあと3月はじめの「野焼き」までみなさんの意識から平尾台は遠く冬籠りしてしまう前の記憶をつなぐワンシーンになって欲しいと思います。

« 初日の出 | トップページ | 珍入者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/13330471

この記事へのトラックバック一覧です: 凧上げ:

« 初日の出 | トップページ | 珍入者 »