2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月23日 (金)

雷対策

 平尾台は標高400から600mの台地。雲がスッポリかかることも多く、雷が発生したり落雷も頻繁に起こる。公園計画時からしっかりとした雷対策をお願いして来た。運営を始めたらやっぱり襲雷に悩まされた。

 落雷停電はしょっちゅうで、セキュリティー装置・火災報知機・放送機器・駐車場料金機・下水道ポンプ・パソコン・陶芸電気窯などが次々故障。建物は避雷針を巡らせているが、直撃でなくても誘導電流で被害が起こるらしい。

 屋外にいるゲストにいち早く避難を促すため、襲雷警報機(コロナーム)も設置した。電源や通信線に避雷器を取り付けたがどこまで有効かはわからない。避雷針に落ちても内部の機器に故障が起こったりする。予知して可能な機器は電源を遮断し、通過を待つのが最良の方法のようだ。

Dsc04818Dsc04819 平尾台の北西20kmの皿倉山も同じ悩みのようで、担当者が相談にみえた。無人地区に置いたバイオトイレが被害にあうとのこと。「平尾台では避雷対策が進んでいる。」という噂を聞いて来たと言う。現状をお見せし、事前には予報して人為で手をうち、後は壊れた物を早く見つけて処理することが現実的な対策であることをお話しした。雷を完璧にブロックしたり、事前に電源を抜くことは難しい遠隔地のようだが、機能停止を携帯電話網で自動通報する仕組み(遠隔監視)は容易いと思う。

バギーのタイヤ

 4輪バギーでゴミ拾い通勤を始めて半年。専属?整備士「カラス」さんにご苦労をおかけして、ようやく平尾台通勤車としての実用水準に達した。その間のあれやこれやを。

 使用し始めて、次のような問題が発覚

1)平尾台登り道で止まりそうになる
2)小回りがきかない
3)国道走行でハンドルをとられる
4)バッテリーがすぐあがる

 もともとATVは、日本大手バイクメーカーなどが、中型バイク並のエンジンを積み、山林・農地・原野・砂漠などで使われる、オフロード用として生まれた。米国でのブームが日本にも伝わり、台湾や中国メーカーも参入し、日本の公道(50cc未満のミニカー規格)に合わせたものも出回り始めた。よって鋪装された急なカーブの登り道を、発進停止を繰り返したり、幹線道路を流れに乗って走るようには出来ていない。49ccのパワーでは勾配のあるオフロードでは全く走れないほどかも?

 メーカーに聞いたら、「パワーは49ccなのでそんなものです。」「タイヤを変えたら直進性が不安定にとは聞いたことがありません。」「ベストセッティングで販売しており、いじると良くない。」とかいう。あきらめるわけにも行かないので、カラスさんに色々付けた注文が

A)キャブレターのパワーアップ
B)4輪を鋪装専用小径/幅広タイヤに
C)前輪を鋪装専用の大径/細幅タイヤに
D)後輪をさらに鋪装専用小径/幅広タイヤ、トレッドワイドに

 サン自動車のデザートキャット50(台湾アムストロング製)で、元々オンオフ兼用タイヤを付けていた。前輪はかなり強めの逆キャンバー。ハンドルが超重な上に、コーナリングでブレーキがかかる。登りのヘアーピンではアクセル全開でも止まりそうになる。一方ふもとの幹線道路では、進行方向の鋪装のタワミ(車線中央と左右の3本の畝とその間の2本の谷・・・重量超過大型車の轍)に車体を振られ、車線外に跳び出しそうになる。

 対策Aで高出力用に交換、なんとか登ってこられるように。対策Bで面白いように小回りがきくようになったものの、さらに直進が不安定化。対策Cでコーナリングと直進性が両立。対策Dで登り道でも加速が効くようになった。
またその過程で、サスペンション設定/タイヤ空気圧/ホイールアライメント/タイヤの径・幅・パターンなどを前後さまざま変えてみた。パワステもギヤも介さない操舵、箱に囲まれず4輪の中心着座位置など、設定の変化が操作/動作に及ぼす影響が直に体験できる。むかし自動車教習所で習った「構造」が実感できた。工業高校や専門学校など、自動車系の教材にぴったりかも。

 自動車のようには流通していないので、オプションパーツも整備法も、探すのが大変だったでしょう。アリガトでした。なおアムストロングの名誉のために言っておくと、エンジンやブレーキ、駆動制動、保安装置など他は至極調子が良く、故障も無い。価格と質は満足。

写真(左から)
 オリジナル前輪;19*7-8、オリジナル後輪;18*9.5-8
 舗装路用(前後輪に使用);INNOVA IA-8011 18*8.5-8
 最終形前輪;INNOVA IA-8022 165/70-10、後輪225/45-10

Dsc04811_1Dsc04816_1

2007年2月22日 (木)

空、その3

Pic000029 2月にしては気温が高く穏やかな晴天が続いた。平尾台の盆地は連日放射冷却で霜がおりた。それも今日まで。7:00 気温6度湿度50%から弱い南風が続き9:00 8度湿度80%まで上がった。空は南北に二分したような雲に覆われた。

Pic000034 その後、お昼にかけ陽が差し気温10度湿度50%になり、空全体が筋雲になっていた。台上も梅の花がほころび、菜の花も咲いた。
 午後から気圧がゆっくり下降。曇天になり、夕方には降り出しそうな気配。

2007年2月21日 (水)

空、その2

 今日は快晴。10:00現在気温11度、湿度60%、北風3m
雲が1つもないので、青空を撮影することに。
響灘方面の遠景には周防灘方面には見えない、低い層に薄いもやがかかっている。
都市活動による雲かも知れないDsc04799Dsc04801Dsc04806

2007年2月19日 (月)

空、その1

 平尾台に毎日いると、いろいろな雲に出会う。名前があるのだろうがよく分らない。でも奇麗だったりおもしろかったりする。たいていはすぐ変わってしまう。
 おもしろい雲をみたら、ケイタイで写すことにしよう。

日時;2007/02/19 7:30
方向:東南東(国東方向)
条件;晴れ→晴れ、気温4度、湿度85%、東風2m
日の出の頃発生し、日の出後掻き消えた。ちぎった綿をまき散らしたようで、切れ間から差した光が海面をオレンジ色に照らした。
Pic000018_1

2007年2月17日 (土)

朝焼け

2007年2月15日

 今年は2月でも暖かだ。良いお天気の日も多く、日昇時間が日ごとに早くなるのがPic000011実感できる。この日は薄明の時間から、長く朝焼けが続いた。日中にはウグイスも鳴いた。本格的な冬が無いうちに春になってしまうのだろうか?
 十分な寒さに合わないとサクラ等は開花が遅れるとも聞く。平尾台の他の植物にこの暖冬はどんな影響があるのだろう?園内に栽培しているブルーベリーも収穫が落ちるかもしれない。しかし少なくとも人はいつもの2月より活動的のようだ。

2007年2月12日 (月)

ミニ野焼き

 毎年、本番の野焼きに先立って、園内の展望台や野草園など、野焼き当日に飛び火する危険性のある箇所を焼き払う。今日はそのミニ野焼きを行った。
この冬は暖かく雪も降っていない。ススキ等も根元や芯が枯れていない。また野草も既に芽が動き始めているようだ。そのせいかあまりうまく燃えない。難しいモノだ。気温も10度まで上がり、3076人の入場があった。昨年2月12日も日曜で晴れで800人だったのと比較しても、今年の春は早い到来だ。
Cimg3336 今日パークを訪問した人は、一足早い野焼きに目を引かれていた。本番は来月4日。暖かければ例年に無い見学者が訪れそうだ。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »