2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シャボン玉 | トップページ | 佐賀で吹き飛んだテント »

2007年7月30日 (月)

イベント中の突風

 昨日(7月29日)の平尾台高原ピクニックコンサートを、突然の強雨と突風が襲った。19時ちょうど、気象観測器は最大風速25m/s、雨量強度30mm/hを記録している。
 晴天の霹靂のような、突然の降雨と強風に会場は上を下への大騒ぎとなった。強風は18:30-19:30の1時間、降雨は2分間でぴたりと収まった。

 この突然とも言える現象を予測し、18時頃から強風対策を講じて、事故を防ぐ事ができた。もし手を打っていなければ、10張りあまりのテントが強風で吹き飛び、観客に怪我人を出してしまっただろう。その徴候は17:30ころから気圧の急激な上昇に始まった。また全天青空でまだ日が高いのに、気温が下がり始めた。夕方に北西から寒気が入るという情報が入っていたので、「もしや?」と思い、PCの気象画面を見ると、20時ころ北部海上から山口方面には雷雨の予報が出たようだ。
 開演が迫るころ、主催者に降水を伴う強風とテントの撤去の予告を出した。(本気で受け止められなかったようだが・・・・) 18時すぎに一部テントの撤去開始。18時15分ころから最大風速が10m/sを超えはじめる。全てのテント撤去指示。18時半ごろから急に空が真っ暗にかき曇りポツポツきはじめる。観客は残っているテントに逃げ込む。「強風で危険なので、テントから離れて下さい。」とお願いするも聞かれず、強制撤去し終わったのが19時ちょっと前。
Dsc09835 18:50から19:05の間毎秒20m、最大24m/sの強風が吹き、19時ちょうどに瞬間30mm/hの雨が降った。客席からパンフレット・シート・レジ袋がまき上がり、観客は全員ずぶぬれになったが、わずか2分間の瞬間的な雨だったこと、テントは全てたたみ終えていたので事故もなかった。強風の前1時間に3hPa上昇し、気温は5度下降。小さな冷気の塊が下降気流となって日中北九州一帯を覆っていた熱気とぶつかりあって起こった現象のようで、18:55には空中電位が急上昇している。
 コンサートは約20分中断後に再開、終演20時過ぎには澄み切った東空に14夜月、西空に大輪の花火が浮かんだ。

« シャボン玉 | トップページ | 佐賀で吹き飛んだテント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/15946283

この記事へのトラックバック一覧です: イベント中の突風:

« シャボン玉 | トップページ | 佐賀で吹き飛んだテント »