2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« イベント中の突風 | トップページ | ポイ捨て者プロファイリング »

2007年8月 4日 (土)

佐賀で吹き飛んだテント

8月2日(木)

 台風5号が接近し、暴風警報発令中の中、佐賀総体会場でテントが吹き飛び、全国ニュースになっていた。アメダスの記録では、当時正午ころから佐賀市内では風速10m/s(10分平均)近い風が吹いていた。ニュース映像では、4張のうち3張は脚を折り屋根を下げていたが、建てたままだった1基が突風で一気に飛び、グラウンドを転がった。ヒトゴトではなく見ていてゾッとした。

 同日平尾台では、午前10時ころから平均風速が5m/sを超え始め、ときおり10m/sの突風が吹き始めた。台風の接近速度から、14時で臨時閉園することを決定。13時頃から平均風速7m/s、最大瞬間風速は15m/s、14時頃から降雨が始った。

 さてテントはどれくらいの風に耐えるのか? 平尾台では瞬間風速が10m/s(平均風速5m/s)になると危険と考えまず脚を折って低くする。平均風速が継続または増加する傾向であれば、幕を外してたたむようにしている。

 件の佐賀総体の状況はというと、13時には佐賀市内のアメダスは10m/sの平均風速を記録しているから、瞬間的には20m/sの風が吹き出していたと推定できる。危険を感じ大半のテントは幕を付けたまま低くした。そして1時間後の14時ころ残っていた建てたままのテントが吹き飛び、本部役員2人が負傷した。ニュースでの関係者の論調は「あんな風でテントが飛ぶのはしょうがない。アンラッキーだった。」というものだった。

 ここから学べる教訓はないだろうか?
大会本部は暴風警報を知らなかったという。でも台風5号の情報と会場で風の強さは肌で感じていただろう。またその風は、時間とともに強まって行くだろうことも。突風率というのがあって普通「2」を採る。平均毎秒5mの風なら時折倍の10mの風が吹き、平均10mなら20mとなる。事故はこの瞬間風速によって牽き起こる。また建物や木の陰は風が弱いが、競技場など広い場所ではそのままの風が吹く。まただ円形の空間では長軸方向の風は強い。運営者はそういった安全配慮を欠いてはならないと思う。

 「台風が接近し、暴風警報が出ていて、平均風速10m/sが1時間継続しているのに、テントを建てたままにしていたら、吹き飛ぶのは当たり前。選手や観客など人が集中していなかったこと、負傷が本部役員だけだったのは、ラッキーだった。」というべきだろう。

 昨日8/3は、やはり佐賀総体会場近くで、竜巻きが発生したようだ。去っても台風の影響で15時頃でも平均6m/sの風だったようだ。そのニュース映像でもテントは建っており、激しく煽られていたのが気になった。

« イベント中の突風 | トップページ | ポイ捨て者プロファイリング »

コメント

jfxuwfma gtngutbh http://pxragdke.com wzitpkls dofmhuln [URL=http://lcbfpmom.com]mtppowcu[/URL]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/16001485

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀で吹き飛んだテント:

« イベント中の突風 | トップページ | ポイ捨て者プロファイリング »