2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平尾百仏 | トップページ | ど根性イチゴ »

2007年12月 1日 (土)

ネザサの黄葉

 例年のこの時期、ススキの穂は枯尾となり、ネザサも茶色くなって、平尾台全体が褐色の冬景色に変わる。今年は夏から秋の豊富な日照、台風のない穏やかな気象条件が続いたおかげか、平尾台草原はきれいに草紅葉した。11月末に「木枯らし一号」も吹き、いよいよ冬枯れかと思っていたら、もうひとつ素晴らしいプレゼントがやってきた。Dsc03833Dsc03815
 それは、ネザサの黄葉。笹の群落はススキとともに、平尾台を代表する景観。しかし平尾台などにわずかに残されてはいるものの、消失が危惧される植生である。
 写真2点は、吹上峠の北側のドリーネと斜面で黄葉した根笹の近景と遠景を撮影したもの。遠目には枯れているように見えるが、1枚1枚の葉をみると、綺麗なモミジである。つい1週間前まで、ドリーネ底の竹の葉と同じ濃い緑色をしていたのに。

« 平尾百仏 | トップページ | ど根性イチゴ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/17241537

この記事へのトラックバック一覧です: ネザサの黄葉:

« 平尾百仏 | トップページ | ど根性イチゴ »