2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 消防ヘリ1台、駐車場700台分 | トップページ | 凍み雪 »

2008年1月28日 (月)

野焼きはカーボンニュートラル

 野焼きの日、羊群原から紅蓮の炎が上がり、もうもうたる煙と煤が巻き上がる。それをみて「あぁ、二酸化炭素が増えちゃうね。」と話している親子がいた。果たして野焼きは地球温暖化を悪化するのだろうか?
 答えから言うと1年を通せば「プラスマイナスゼロ」である。確かに枯れ草を燃すと二酸化炭素が出る。しかし春に芽を出し、夏には茎や葉を生い茂らせる草木の原料は、大気中の二酸化炭素である。草原の成長期に、野焼きで排出するのと同じ量を吸着する。よって野焼きはカーボンニュートラルといえる。
Dsc04940 そのほか野焼きは自然にどんな影響を与えているか? わかりやすい影響は草原状態の継続である。自然のままおくと平尾台のような温暖多雨地域は樹木に覆われた森が成長する。フォールリーフが腐葉土として堆積し、表土の移動が小さくなるので、石灰岩柱の頭も土に埋もれる。平尾台の羊群原は野焼きで維持される、半自然草原である。
 そういえば、カルストの語源、スロベニのKras地方は、石灰岩からなるカルスト地形で荒涼とした風景が広がる不毛の土地であった。もともとあった森を、ギリシアローマ時代から人が搾取したため、ごろごろした岩ばかりの風景だったのだが、最近は緑が戻るようにされているという。平尾台も森を戻すべきか、草原を維持するか微妙な問題である。
 地上が森であるか、草原であるか、台地にはどう影響するのか?専門家によると森の方がカルスト現象が大きくなるそうだ。土壌中の二酸化炭素が圧倒的に増加し、ピナクルをよく溶かし、洞窟をよりよく溶かし、鍾乳石がよく発達するという。どっちがお得かよーく考えてみよう。
 ■裸出派
 もっとしばしば野焼きすれば表土の移動が大きくなり、ピナクルやドリーネなど石灰岩があらわになった奇観景観が見られる。
 ■被覆派
 野焼きをやめ森にもどせば地上にはより豊かな生物層、地下にはダイナミックな洞窟システムがみられる。
 ■維持派
 いまの活動を維持し、半裸出半自然草原を守れば、現存の風景とか平尾台特有生物や絶滅危惧種を保護できる。

« 消防ヘリ1台、駐車場700台分 | トップページ | 凍み雪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/17873428

この記事へのトラックバック一覧です: 野焼きはカーボンニュートラル:

« 消防ヘリ1台、駐車場700台分 | トップページ | 凍み雪 »