2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« モウガンコ | トップページ | 野焼き後の雪 »

2008年2月21日 (木)

良い野焼き、悪い野焼き

 2月も中旬を過ぎた。3/2の平尾台野焼きを前に、園内への延焼を防ぐ、防火帯を作らなければならない。
Dsc05587Dsc05600Dsc05607左から

野焼き前
野焼き中
野焼き後
 園内には、芝生広場や野草園があり、野焼きの火が飛び火することがある。ゲストに危険が及ぶので、冬の間に焼いておく。スタッフは「ミニ野焼き」と呼んでいる。園の外に火が出てはならないので、これがけっこう難しい。
 野焼きのコツは、風のない穏やか名気象条件、十分に火消し人員を準備してのぞむこと、範囲をどういう順にやくか、着火位置などである。基本的に風下、高い位置から焼く。小さい火でジワジワ焼くのがよい。
 しかし多くの人間がかかわるので、うまく統制を取らないと、事故が起こってしまう。火を見ると性格が変わる人もいて、要注意である。そういう人には着火係りは絶対任せられない。
Dsc05640 今日はうまくいった。キレイに焼けると、見た目も綺麗な緑が戻る。2/6に北展望台を焼いたときは、気象条件が悪く、トラガリのようになってしまった。

« モウガンコ | トップページ | 野焼き後の雪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/40208020

この記事へのトラックバック一覧です: 良い野焼き、悪い野焼き:

» 防火 管理者とりまとめ [防火 管理者のリンク集]
防火 管理者のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

« モウガンコ | トップページ | 野焼き後の雪 »