2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自販機の消灯 | トップページ | 平尾台低空空撮写真Vol.5 »

2008年7月 2日 (水)

串刺し団子

7月1日火曜日

 久しぶりに太陽が顔を見せた。休園日だったので一日中凧写真に没頭することに。お昼頃、不動坂で空に巨大なお団子を発見。
 青空だったが、高層に薄い雲があったのか、太陽の周りにきれいな日暈(にちうんorひがさ)が出来ていた。その真ん中をジェット機が突き切り、飛行機雲が串になって巨大なΦ(ギリシア文字のファイ)の字が見えた。写真を撮ろうと思ったが、あいにくカメラは100mの上空で地上を向いている。いまからカイトを降ろしても間に合わないので泣く泣くあきらめた。数分で飛行機雲は消えた。
 しばらくして上空のカメラを回収していると、東の空にもう1機ジェット機が現れた。経路を延長すると、ハローの中を通りそうだ。カイトを打ち捨て、カメラを構えた。そしてあせった。このコンデジの液晶モニターでは、点(陽)も円(暈)も線(航跡)も判然としない。ズームをワイド端(焦点距離28mm相当)にすれば、内暈がフレームに収まるハズなのだけれど・・・光学ファインダが欲しい・・・。
R0014412 築城基地の戦闘機だろうか、あっという間に上空を通過。射的でいう的中。みごと金的を射抜いた。フレーミングはカンで、数コマシャッターを切る。というわけでその写真を掲載する。後で気付いたがうっすらと外量も出ていた。魚眼レンズがあれば、面白い絵が撮れていたカモ知れない。

« 自販機の消灯 | トップページ | 平尾台低空空撮写真Vol.5 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/41712770

この記事へのトラックバック一覧です: 串刺し団子:

« 自販機の消灯 | トップページ | 平尾台低空空撮写真Vol.5 »