2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平尾台冬花火前日の春一番 | トップページ | 2月15日 佐賀県立宇宙科学館 火薬ロケットを作ろう »

2009年2月16日 (月)

2009年2月14日ふゆはなび当日

Rimg0006 前日、吹き荒れた「春一番」。13日23:30頃、28m/sの最大風速を記録し、14日の朝にはぴたりと収まった。10時頃から晴れ間に陽光が射し、14時には最高気温15℃まで上昇。願っても無い気候のもと準備は進んだ。
Rimg0015 15:30、ゲートであったかプレゼント開始、既に500人以上の列ができていた。16:00、豚汁・石窯パン・シュークリーム・缶コーヒー・ココアのプレゼント開始。パンとシューは30分で、他も1時間で完払。総延べ5000コ準備したプレゼントだったが、あっという間だった。
Rimg0020 ステージ上の、「ミスターブンブン」のパフォーマンス、「ながたリエ」のコンサートを観るゲストたち。中には冬の台地に似つかわしくない程の薄着もいたりする。もっとも悲惨だったのは、ステージ上の、お楽しみ抽選会の選者二人。舞台上にも「焚火コーナー」が必要だった。
Dsc00888 下調べの日より晴天で薄暮が長く、予定の5分遅れで花火開始。なつはなびと異なった演出に、毎年観たいという声も多かった。しかし真冬の真ん中、こんな好条件が重なったのは「奇跡」のようなものである。

 ふゆはなびスタートの18:30近くなっての入場も多かった。15:30以前の入場1500人に対し、以降の入場が5000人。ふゆはなびの集客効果は目を見張るものがあった。また当日だけではなく、この2月に入って暖かい日が続いたことと、ふゆはなびPR効果で、週末のゲスト数が倍増している。オープン以来2月一ヶ月のゲスト数は、9638〜3976人だが、今年は2月15日までで15000人、シーズンオフでは記録更新だ。
 どんなふうに楽しんでもらったかがとても気になり、関連ブログを探してはよんでいる。
http://plaza.rakuten.co.jp/irohanipotato/diary/200902150000/
http://dokuritujiei.seesaa.net/article/114282285.html
http://blog.goo.ne.jp/hutosi_2006/e/6bdbf0ffc2b8d5a23fb112e6174bfcbe
http://natureclover.yoka-yoka.jp/e195363.html
http://blogs.yahoo.co.jp/hryjt882/23427985.html
http://blog.livedoor.jp/saori238/archives/51504566.html
http://blog.goo.ne.jp/hsas7172316ysms/e/cb938c357473c886c8c0e0a0cb036522
http://blogs.yahoo.co.jp/ojimizukomamizu/10381711.html
http://blogs.yahoo.co.jp/takahashisumire/10245216.html
http://ameblo.jp/05276328/entry-10206906314.html
http://ameblo.jp/naxxkaxxloveday/entry-10206656316.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4710333.html
 この記事の中の、「花火が上がったら、チョコ渡すつもり」というのがほのぼのしている。お天気に恵まれ花火も打ち上げられて良かった。無事渡せたかな?

« 平尾台冬花火前日の春一番 | トップページ | 2月15日 佐賀県立宇宙科学館 火薬ロケットを作ろう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/44081781

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年2月14日ふゆはなび当日:

« 平尾台冬花火前日の春一番 | トップページ | 2月15日 佐賀県立宇宙科学館 火薬ロケットを作ろう »