2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 有翼ロケット 九工大 | トップページ | 平尾台冬花火前日の春一番 »

2009年2月 9日 (月)

冬花火の準備

 この週末のバレンタインデイに予定されている「音と光のふゆはなび」が5日後に迫って来た。用意したチラシが飛ぶようにハケているので、関心を持たれているようだ。
 お天気が気になるところだ。2/6に出された週間予報では、最高気温15℃くもり一時雨だ。週間予報で後半の日にちは、気温予想は確度が高いが、空模様は低い。だから少なくとも暖かい日になることは確からしい。2/8時点での予報は、
13日(金);くもり時々雨
14日(土);雨のちくもり
15日(日);晴れのちくもり
という予報だから、当日14日の夕方のお天気は回復傾向で、雨は落ちていないと期待出来る。まずまずだ。

元祖「♡平尾台愛物語♡」
Dsc06467 今回のイベントは「平尾台愛物語」という副題が付いている。そのフレーズを聞いて頭に浮かんだのが九州自然歩道のクラハズシ附近にある「キス岩(キス石or接吻岩)」だ。平尾台の羊群原で、辺り憚る事無く、毎日毎時毎分毎秒、寄り添っているカップルだ。2月14日にふゆはなびに来る前に、その姿を見て来て欲しい。写真のキス岩以外にも平尾台では数組のカップル岩が確認されている。詳しい場所は「平尾台自然観察センター」で聞き出そう。

« 有翼ロケット 九工大 | トップページ | 平尾台冬花火前日の春一番 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/44006034

この記事へのトラックバック一覧です: 冬花火の準備:

« 有翼ロケット 九工大 | トップページ | 平尾台冬花火前日の春一番 »