2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ゴミ拾い用貨物トライク改良 | トップページ | 野焼き反省会 »

2009年3月14日 (土)

平尾台と阿蘇火砕流

 8万年前の阿蘇大噴火の規模は大きく、中国地方や四国にまで火砕流が達したという。ネット検索で、「平尾台 火砕流」のキーワードをひいてみると、けっこう多くのページをヒットする。それらのホームページの幾つかに、「平尾台石灰岩はこの時、熱変成を受けて結晶質になった」ように書いているのを見る。
 平尾台石灰岩は1億年ほど前、まだ地下深くにあったころ、その下層から上昇してきたマグマの熱で変成を受けた。鬼の唐戸や鬼の兵古干などの貫入岩もその名残。隆起して、その後地表に出た。
Photo これだけ誤解が広がっているとすると、ケイビングガイドのとき、よくその話をするのだが、ゲストは同じ時の出来事と聞いてしまっているかも知れない。気を付けよう。
 しかし物語としては、「阿蘇からやってきた灼熱の大火砕流に平尾台全体がドロドロに融かされたり、空を飛んで来た岩の超巨大な板が、空手のように広谷台にめりこんだりしたのだ」と想像する方が、よりダイナミックだ。

« ゴミ拾い用貨物トライク改良 | トップページ | 野焼き反省会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/44341423

この記事へのトラックバック一覧です: 平尾台と阿蘇火砕流:

« ゴミ拾い用貨物トライク改良 | トップページ | 野焼き反省会 »