2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月30日 (土)

不況下の観光動向

不況でインフルエンザ、平尾台が賑わう
 百年に一度の景気後退、新型インフルエンザの蔓延、非正規雇用の解雇や一時帰休、それに対応してETC1000円、定額給付金、色々な社会現象が交錯する中で、春の行楽シーズンが終わろうとしている。めったにない事態であり、その記録や分析が始っている様で、シンクタンク等からの観光市況の問合せが目立つ。
 今年度に入って4・5月の入場者は15%強多い。飲食や物販の消費単価もわずかだが増加。果たして景気刺激策の効果があったのか? GW中駐車場でのナンバー調査やアンケートによると、昨年と比べ他県ナンバーの割合が少なく、近隣からの来場が多かった。となると、客数増の要因は「小雨」と「安近短」が考えられる。
 天気に恵まれたにもかかわらず、外食産業は売上げ激減、市内の他の有料公園入場数は微減らしく、ETC1000円の吸い出し効果が現れたとも考えられる。今年から入場無料のY公園と、もともと無料の平尾台が客数増というのは、不況感がきわだっている。
 長い連休でお天気も良く、どこかへ出かけたいがETCはついていても燃料費がかかるし、高速は混んでいるし屋内施設の人混みではインフルエンザが心配。じゃあ近場で平尾台へでもいくか!というイメージのゴールデンウィークであったようだ。
ETC効果を取り込むにはコスト必要
 基本的に、福岡北九州圏のような人口集積地では、ETC1000円効果は収支マイナスとなる。来る人数<出る人数、という式になるからだ。逆に人口過疎の有名観光地では収支がプラスになる。 またPRコストも、前者は「低密度広域」に面的なPRを必要とし、後者は「高密度地域にスポット的」PRでも十分効果が得られる。よってひとつの公園ごときではETC客を取り込む活動は手に余る。
 また未だETC1000円は高速道路上とサービスエリアに大きな経済効果を上げているが、インターチェンジより先への波及がよく判っていない。まずそれを調べてみたいと思う。

2009年5月 1日 (金)

パンデミック対策

 WHOがフェーズ5とした。今後フェーズ6となった場合、平尾台自然の郷のような集客施設は、「感染爆発対策」として、クローズの指示が出るだろう。
 今年度にはいって休日が好天に恵まれ、入場数が順調に伸びている。ゴールデンウィーク中のお天気予報も、かつてないほど好いお天気続きだ。何となく、このまま過ぎて欲しいが、パンデミック対策が暗雲にならねばいいが、という胸騒ぎがする。
 とは言え、先に先にその場合の手順も考えて置かなければならない。ETC割引き、定額給付金、長期GW、好天続きのこの連休後半に、フェーズ6が来たら、多くの人々が楽しみと行き先を失ってしまう。未曾有の社会不安ともなりかねない。また企業などではスムーズに即日対策に移れないかもしれない。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »