2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年も「ふゆはなび」 | トップページ | 「ふゆはなび2」の反響 »

2010年2月14日 (日)

2回目の奇跡

 今回こそアウトだと思った。2/14は1ヶ月予報では「異常に気温が上がったあとの週末」だった。週間予報では冬型の気圧配置が続くなかでの前線の通り道、と言っていた。前日まで曇りのち雨でイベントの時間に合わせて本降りになるという。
 やはりこの時期にお山の上でイベントに大枚を掛けるのはリスクが大きいのか。それを覚悟したうえでのことだったはずだが。
 集客施設は、オンシーズンとオフシーズンがある。その施設の性格によって曜日や月は異なるが、天候やゲストニーズによって決まるので、施設側では閑散期の克服の可能性は低い。同じコストをかけると当然ながらオンシーズンの方がコストパフォーマンスが高い。よって超閑散期に集客イベントを普通は計画しないのが常識である。
 北部九州の二月中旬は最も寒い時期で、積雪に不馴れなこの地方の人々にとっては、厳冬期標高500mの高地は禁断の地である。しかけるには施設運営側にとっても、春夏秋にはない天候対策、安全対策のノウハウやコストが必要になってくる。去年の元旦、初日の出に花火イベントをしようと思った。冬とは言えまだ厳冬期ではないし、毎年1000人近くの台上への入り込みがある。除雪融雪など登山道の安全対策にも対応出来るスタッフも育って来た。この元旦冬花火構想は資金が集まらず断念。しかしその直後のバレンタイン花火につながった。1回きりの冬花火だけならマグレもあるだろう・・・・。
 昨年はそのマグレにあたった。日本全国初夏と思わせる晴天と気温上昇。いっぱい用意したあったかプレゼントに長蛇の列ができた。そんな幸運は二度とないだろうと思った。
 今回、3ヶ月予報・1ヶ月が出るたび、気象情報に首っ引きになった。いい材料は見つからなかった。週間予報がでて、青くなった。予定日の前の週日は異常高温が続き、前日当日と気温が急降下、おまけに前線通過で本降りになるという。気温は平地で5℃、平尾台では雪になる可能性がある。想定される最悪ストーリーは二通り。
1)バレンタインイベント決行中、天候悪化で花火のみ次週に延期
2)花火も決行、降雪し登山道に路面積雪
前者は費用的に厳しいし、翌週の再準備も辛い。後者は千台ほどの車を無事に下山させなければならない。ハラハラしながら前日を迎えた。天気予報は2)の場合を予想させるものだった。
R0011215  結果的に、当日朝焼けで始まり、薄曇りで日没、その間降水はなし。気温が低いため朝から賑わった昨年とは異なり15時頃まで園内で閑古鳥が鳴いていた。その後急に来場が増え始め、16時頃には駐車場の料金徴収場前に渋滞が発生、17時には吹上まで、18時には登山道まで伸びた。このぶんでは花火までに全車を収容できないかも知れない。せっかくこの冬空に平尾台に足を向けてくれた人々に花火を見せたいので、駐車料徴収を止めて入場車を流し、渋滞を解消することにした。花火開始予定の15分前にほぼ全車収容。
P1020446 18時45分、花火ショー開始。花火が終わりゲートに殺到するゲストをコントロールしながら頬に冷たいものを感じた。雨?よく見ると白いものが混じっている。ふゆはなびが終わるのを待っていたかのように霙が降っている。積もる様子ではないので特別な対応は必要ない。優しい春の淡雪は、片づけ終わり家路に向かう22時頃かなり強くなった。明朝台上は薄化粧かもしれない。

« 今年も「ふゆはなび」 | トップページ | 「ふゆはなび2」の反響 »

コメント

”冬花火”家族でいきました。良かったですね!!
ところで、あの迫力のある曲誰のですか???
もう一度聞きたいな~と思っているのですが・・・
良かったら教えてください。

今回のイベントも お疲れ様でした。 裏方さんのご苦労・・・もっともっと沢山有ったでしょうに、本当にありがとうございました。   それにもまして、このプログがまた読める事を 嬉しく思っております。 少々間が空いたようですが~相変わらずのマイペース。  これからも待っておりますよhappy01

今年も奇跡的天候と言ってもいいですね。ご努力が報われて本当に良かったですね。
来年もよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/47568237

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の奇跡:

« 今年も「ふゆはなび」 | トップページ | 「ふゆはなび2」の反響 »