2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月19日 (金)

野焼き完了

 4回延期された2010年の平尾台野焼きは、やっと今日終わった。湯布や長崎の事故の後であり、気象条件を慎重に選んでのことでもあり、関係者のご苦労には頭が下がる。
 実は今日の実施もギリギリのラインだった。昨日(3/18)の夕刻の会議のこと。3/18日(野焼き実施前日)の午前から昼過ぎまでに4mmの雨が降った。その後午後も太陽は出なかった。17時発表の天気予報は、18日夜晴れ、19日は日中晴れだった。普通前日に降水があると延期にする。枯れ草の立っている部分は乾いても、根元のフォールリーフが乾いていないとうまく燃え広がらない。会議に前もって野焼き委員会から、平尾台上の気象状況/予報/草原の状況の問い合わせがあり、言外に実施したい強い意向が感じられた。というのもさらに延期となると3/21のクロスカントリーに間に合わない。次の予備日3/24も気象条件は良くない予報。3/28となると平尾台クリーン大作戦が年度繰り越しになる。とはいえ現時点の状況はマイナス要因ばかり。枯れススキや根ザサの足下をめくってみてもぐっしょり濡れていた。明け方地表気温が下がって凍結しなければ良いが....。
 プラス条件は、18日夜から19日朝にかけて風が強く、19日は朝気温が3度と低く日中日差しとともに10度ほど気温が上がる予報。風と気温上昇は乾燥をもたらすミカタだ。それを(マイナス点は話せなかった)伝えたところ実施の意を強くされたようだ。会議後「実施」と決まった旨、電話があった。ところが帰宅のためマイカーのハンドルを握ると、フロントガラスに細かく水滴が付いている。ぎょぎょっ!結局ワイパーを動かしながら帰った。
 今日朝は4時起きした。平尾台上は3度、雲がかかっていたのが幸いし放射冷却にならず、霜は降りなかったようだ。黎明頃に全天の雲が消えた。まだ草の根元は乾いていないが、快晴になって乾いた西風が入れば昼頃には野焼き可能の条件が調うはず。7時を過ぎて中止の連絡がないのでGOサインだろう。8時に電話をすると、第一次火入れを30分遅らせ11時開始とのこと。10時に気温は10度まで上昇、湿度は35%まで下がった。11時に山頂から火が入った。南西風5mで斜面を下から上に吹き上げる風。逆風なのでなかなか燃え広がらない。「やっぱり湿っていて燃え難いのか?」関係者は一様にそう思ったかもしれない。時間が経つとともにじわりじわり燃え広がり、麓から火入れする第2次火入れのタイミングとなる。今度は順風だが先日の重い雪で枯れ草が倒伏しているので、一気には燃え上がらず、ちょうど良い速度で斜面を炎が登って行った。
 結果、例年にない「燃え残りが無い」「延焼が無い」「危険が無い」野焼きとなった。また開始の遅れで午後の3次火入れも30分遅れたが、完了は30分早まった。午後も湿度40%、5m程度の順風(西風)に恵まれたからだ。前日の心配は幸運にも全て裏切られた。R0011484
 写真は、吹上峠付近の野焼き後の状況。防火帯/外周/野焼きエリア/1月末の火災跡(左端ドリーネ一帯)を比べて見て欲しい。今日をスタートにそれぞれの範囲がどう春を迎えて行くか見守りたい。

2010年3月13日 (土)

野焼きの延期→3/19

 今年の3月、平尾台は降水が多い。その影響で「野焼き」が出来ない。何度も延期され当初の2月28日から3月19日に半月以上もずれこんでいる。一方、暖かい雨が多い影響か、台上の春はいつもより少し早めに進んでいるように感じる。
 遅い時期の野焼きが自然に与える影響を心配する声がある。確かに影響がないとはいえないだろうが、私自身は自然はもっとしたたかだと思う。一旦芽吹きが始ってから野焼きの熱にさらされるとその芽は枯れる。しかし山野草はタイミングをずらし次の芽を用意する。種によって異なるだろうが、自然の物はリスク分散のため、一定の期間の幅を持っている。これが栽培種だとそうは行かない。人の手によって栽培されると発芽や結実のタイミングが揃ってしまっているので大きなインパクトを受ける。
 平尾台は遠い昔から野焼きや採草が行なわれて来た。その環境に適応した種が自生している。だから野焼きの時期がずれることより、野焼きが出来なくなる方が環境を大きく変えてしまう。
 5月ころに防火帯を歩き、内外を比較するとおもしろい。1)火を入れなかった部分、2)昨年の9月ころ刈り取られ火を入れた防火帯、3)今年火入れされた部分を比較して見る。2)の部分に多種多様の植物が見られる。
 また例年野焼きに遅れて1ヶ月の間に林野火災が発生するが、その部分が正規の野焼き範囲とどう違うかということもおもしろい。今年は吹上峠あたりが1月末に焼けた。そこが他とどう違うか興味をもって見守っている。

2010年3月12日 (金)

平尾台で積雪30cm

 今日やっと除雪から開放された。3/10と3/11は九州ではこの時期希の大雪となった。平尾台と北九州市外を結ぶ県道28号(平尾台登山道)は、パークにとって唯一のアクセス路だし平尾台上生活者にとっては生活道路でもある。公園来訪者の利便・安全のため、道路情報通報業務もパークマンたちの仕事のひとつ。通報先は市(道路管理者・環境局)や警察、消防など。また通報だけではなく、通行支障(軽微なもの)の除去や、支障有り表示なども任務に含まれている。よく除去するオブジェクトは、道路に倒れかかった樹木・転がり落ちて来た石・車からの落下物・道路への投棄物・外れた水路蓋・雪・氷などである。建設会社ではないので応急処置をして、手に余るものは通報先が対応する。
 平尾台道は直線距離1kmくらいで標高500mかけのぼる。よって気象状態や道路路面状況がわずかな間に激変する。平尾台入口で雨でも吹上では吹雪、下が静穏でも上は暴風、下はクリアーでも上は視界ゼロということはよくあり、それを知らないと、車がスタックしたりスリップ事故が起こる。雪や凍結の状況は北陸の福井あたりに匹敵すると思うが、通過通勤車も台上生活者も北陸並みの寒冷地対策はない。
R0011242 R0011244  今回の雪は南を低気圧が通過し湿った雪をもたらした。樹木の枝葉に着雪し路面や草原にも急速に積もった。登山道沿いに無数の竹・篠が倒れ込み、根元径30cm以上もある針葉樹・広葉樹の倒木もめだった。10日夕に11日朝までチェーン規制以上の表示を出したらと通報したが、見込みで通行止の表示は出せないとのこと。まあ仕方ないので帰宅ついでに車線に憚る障害物の応急処理しながら下山したら10時を過ぎてしまった。翌朝早く出勤。登山道には新たな樹木の倒れ込みや枝の落下があった。「昨夜は降っていないのに?」と不思議に思った。その後、13日朝まで竹の倒れや大木の枝の落下が続いている。雪で折れたものが風や雨で落ちてくるのか?
 それにしても今回は枝折れ倒伏がひどく、いつもなら起き上がる竹類も起き上がらない。どうしたのだろう? それはたぶん台風が2・3年来ていないせいだと思う。中高木の梢にからみ大繁殖しているツルの類、木のような高い樹形のオオブタクサなどは暴風のないここ数年の平尾台で大増殖。同じように、路傍の木も道の方に繁り過ぎていた。

2010年3月 9日 (火)

野焼きは再々延期

 今日は明け方から雪。草原には5cmほどの積雪。雨が雪に変わったのはパークがある標高400mで明け方ころ、大平山や周防台では降り始めから雪の様で10cm以上の積雪だろう。今晩寒気が入り凍結すると、2〜3日は残る。11日予定の野焼きは中止、16日に延期された。こんなに延期が続く事も希だ。
 11時から、平尾台クロスカントリー大会の実行委員会に出た。3月21日の実施予定なので野焼きが早く終わって欲しい。16日の次の予備日、19日になったとしよう。野焼き直後の平尾台は、数日焦げ臭く埃っぽい。鼻炎やアレルギーだと呼吸が苦しい。成績に微妙な影を落としそうである。

2010年3月 5日 (金)

平尾台の野焼き再延期

 当初2月28日に予定し3月7日に延期されていた平尾台の野焼きが、3月11日に再延期される。天気予報を見ると、6・7に雨マーク、9・10に雪マークが付いている。予報通りだと12日頃までは草原に火を入れても燃え広がらない。数年前だったか、降雪から2日おいて野焼きを決行したが、燃え広がらず午前中に中止して延期した。ドリーネや山の斜面のススキやササの根元には解け残った雪があった。その夜残り火がじわりじわりと燃えて夜間不思議な景色となった。
 3月11日に実施出来ればまだいい。その先に延期されるとなると、地域/行政/警察/消防/パークの都合が合わなくなり、日程調整が困難となる。またここ1週間の暖かい雨で草原に緑が戻り始めている。
 かつての事故以来、安全のため非公開で野焼きを行なって来た平尾台。市民に見てもらって理解してもらうべく、8年前から一般見学会、4年前から特別見学会を始めた。しかし平日は従事者が集まり難いので特別見学会はできない。しかももし16日に延期されると平尾台自然の郷の休園日になる。一般見学会も危うし。

2010年3月 4日 (木)

野焼きと終雪

 毎年平尾台で野焼きの後、一度積雪する。枯れ草が焼払われ地面が露出しているので、少し降っても山が真っ白になる。むしろ真冬の雪景色より、みごとな銀世界が現出する。その雪がその冬の最後の雪、つまり「終雪」になることが多い。福岡の終雪平年値が3月4日なので、平尾台の野焼きと相前後する。週間天気予報によると、3月9日、10日に降雪が予想されている。今年の野焼きが当初予定通り、2月28日か3月7日に実施されれば、例年通りのパターンだった。
 予報によると、4・5・6・7日は連日「雨マーク」。8・9日は「だるまマーク」が付いている。そのとおりだと、3月7日以降の野焼き予備日にも心配がつのる。
 野焼き実施にはいくつかの条件が調う必要がある。1)草原がよく乾燥していること 2)風が穏やかなこと 3)関係者の動員が可能であること 4)関係機関が揃って出動できること 5)当日火災気象条件でないこと などである。 よって雨は前日・当日には降って欲しくない。草の根元に残る雪も障害となる。事前に決めた予備日の範囲で実施できないと、関係機関の再調整も必要となる。関係者がやきもきしながら見守る、今週の「週間気象予報」である。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »