2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 野焼きの延期→3/19 | トップページ | 芝桜の開花 その1 »

2010年3月19日 (金)

野焼き完了

 4回延期された2010年の平尾台野焼きは、やっと今日終わった。湯布や長崎の事故の後であり、気象条件を慎重に選んでのことでもあり、関係者のご苦労には頭が下がる。
 実は今日の実施もギリギリのラインだった。昨日(3/18)の夕刻の会議のこと。3/18日(野焼き実施前日)の午前から昼過ぎまでに4mmの雨が降った。その後午後も太陽は出なかった。17時発表の天気予報は、18日夜晴れ、19日は日中晴れだった。普通前日に降水があると延期にする。枯れ草の立っている部分は乾いても、根元のフォールリーフが乾いていないとうまく燃え広がらない。会議に前もって野焼き委員会から、平尾台上の気象状況/予報/草原の状況の問い合わせがあり、言外に実施したい強い意向が感じられた。というのもさらに延期となると3/21のクロスカントリーに間に合わない。次の予備日3/24も気象条件は良くない予報。3/28となると平尾台クリーン大作戦が年度繰り越しになる。とはいえ現時点の状況はマイナス要因ばかり。枯れススキや根ザサの足下をめくってみてもぐっしょり濡れていた。明け方地表気温が下がって凍結しなければ良いが....。
 プラス条件は、18日夜から19日朝にかけて風が強く、19日は朝気温が3度と低く日中日差しとともに10度ほど気温が上がる予報。風と気温上昇は乾燥をもたらすミカタだ。それを(マイナス点は話せなかった)伝えたところ実施の意を強くされたようだ。会議後「実施」と決まった旨、電話があった。ところが帰宅のためマイカーのハンドルを握ると、フロントガラスに細かく水滴が付いている。ぎょぎょっ!結局ワイパーを動かしながら帰った。
 今日朝は4時起きした。平尾台上は3度、雲がかかっていたのが幸いし放射冷却にならず、霜は降りなかったようだ。黎明頃に全天の雲が消えた。まだ草の根元は乾いていないが、快晴になって乾いた西風が入れば昼頃には野焼き可能の条件が調うはず。7時を過ぎて中止の連絡がないのでGOサインだろう。8時に電話をすると、第一次火入れを30分遅らせ11時開始とのこと。10時に気温は10度まで上昇、湿度は35%まで下がった。11時に山頂から火が入った。南西風5mで斜面を下から上に吹き上げる風。逆風なのでなかなか燃え広がらない。「やっぱり湿っていて燃え難いのか?」関係者は一様にそう思ったかもしれない。時間が経つとともにじわりじわり燃え広がり、麓から火入れする第2次火入れのタイミングとなる。今度は順風だが先日の重い雪で枯れ草が倒伏しているので、一気には燃え上がらず、ちょうど良い速度で斜面を炎が登って行った。
 結果、例年にない「燃え残りが無い」「延焼が無い」「危険が無い」野焼きとなった。また開始の遅れで午後の3次火入れも30分遅れたが、完了は30分早まった。午後も湿度40%、5m程度の順風(西風)に恵まれたからだ。前日の心配は幸運にも全て裏切られた。R0011484
 写真は、吹上峠付近の野焼き後の状況。防火帯/外周/野焼きエリア/1月末の火災跡(左端ドリーネ一帯)を比べて見て欲しい。今日をスタートにそれぞれの範囲がどう春を迎えて行くか見守りたい。

« 野焼きの延期→3/19 | トップページ | 芝桜の開花 その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199506/47852442

この記事へのトラックバック一覧です: 野焼き完了:

« 野焼きの延期→3/19 | トップページ | 芝桜の開花 その1 »