2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2011年1月31日 (月)

平尾台で根雪

 やっと寒波が明けそうだ。昨年の年末からずっと寒く、連日最低気温が氷点下だ。年末の積雪以来、園内や山肌に白いものが消えず、今朝もその上に降り積もった。積雪が一月を越えたので、この平尾台でも根雪を記録したことになる。Dscf9065 Cimg3729
 根雪というと北陸や東北の豪雪地のイメージだが、今冬は降雪は少ないものの、最高気温が5℃に達したのもたったの5日間で、気温が非常に低く雪が消え難いからだ。
 一昨年、昨年と比較的暖かかったこの時期、バレンタインデイに花火大会を企画して、多くの人にご支持(来場)いただいた。しかし今年は記録的寒波が居座っている。「ふゆはなび」危うしか?

2011年1月28日 (金)

平尾台で幻日

 今日、マイナス2℃、無風の朝(1/28 )太陽が3つの日の出があった。写真は8時過ぎに撮ったものだが、逆光になるのでコンデジでは肉眼ほど表現出来ていないのが残念。7:30頃から8:00頃まで続き、非常にきれいだった。一時は中心の太陽の回りに半円の虹が左右の太陽をつなぐような形になった。太陽を背にして見える虹と違ってこの光の輪は太陽に向かって見えた。Imgp0368 Imgp0377
 幻日である。日の出方面の空気中の氷粒が、陽光を屈折して見せる現象らしい。中心の太陽が本物で、左右は幻である。氷が六角板状でかつ無風状態で水平に姿勢を保って粛々と落下する時、光を60度屈折させて起こる現象という。

2011年1月21日 (金)

平尾台で霧氷その3

 その1で、「平尾台ではめったに霧氷を見ない」と書いた。実は「ウソ」である。しょっちゅう発生する箇所があり、しかも多くの人が目にしている。それは、平尾台登山道25カーブから29カーブの路面である。
 秋から春にかけ良く晴れた日、その付近だけアスファルト舗装面が濡れたように黒々としていて、ツルツルピカピカに薄く凍結していることがある。平尾台の急斜面を吹き上げる過冷却の霧(雲)が作った霧氷である。雪のように白くないし、局所的なので車のスタックやスリップ事故につながることもあるので、要注意だ。

 もうひとつ「その1」「その2」を通して正確ではない記述がある。今回作った人工物は、「雨氷」に近いものだと思う。氷点下で人工的に撒いた「霧」もしくは「雨」が樹木に着氷したものだ。噴射ノズルを操作して散水粒径を霧状にするか雨状にするかで、あるいは近付いて散水するか遠ざかってするかで全く違った氷のモニュメントが出来上がる。鍾乳石のツララ石やカーテンなどに似た形も出来たりしてものすごく面白い。ただめちゃめちゃ早起きと強烈な寒さに耐える気力が必要だが・・・・。Dscf9021 P1150707

平尾台で霧氷その2

 1/10(土)以来、平尾台では毎日最低気温が氷点下である。どんな気象条件下であれば、霧氷を作れるのか? また適した道具はどんな物か? を試した。
 最低気温は、16日から、-7.3 -2.8 -0.6 -0.6 -0.7 -2.9℃で日の出前1時間に始め、日の出後1時間後に終了。平均風速は、9.9 6.0 4.9 4.5 5.0 2.2m/s。
 お道具は写真左から、園芸散水ホースとノズル、乾電池式噴霧器、AC100V噴霧器、AC100V高圧洗浄機、エンジン式高圧洗浄機そして、水タンク200リットルと水道散水栓である。Imgp0358

 結果は、気温が-1度以下、風速5m程度、道具は水タンクに一番ため置き、AC100V高圧洗浄機で散水するのが最も簡単だった。
【詳細は以下】
 気温は+1度でも強めの風があると氷結する。散布した水が気化熱を奪うのだろうか。噴霧器ていどの水量がちょうどいい。氷点下であればAC100V高圧洗浄機程度の水量があると能率がよい。ー5度まで下がれば高木などにはエンジン式高圧洗浄機が使える。園芸用散水ホース+ノズルでは水量が多すぎで水滴径も大きすぎてツララは出来ても上向きの小枝に氷が付かない。
 仕上がりは噴霧器を使った場合が最も美しい。ミストが大きいほど、水量が多いほどツララが垂れてくる。

平尾台で霧氷?

 今年(2011)平尾台はとても寒い。1/16は、真冬日で最低気温マイナス7.3度を記録した。来場者もとても少ない。この寒さを逆手に取り何か面白い事をしたいが、積雪は以外と少ない。
 思い付いたのは、霧氷である。雲仙のように平尾台で霧氷を見る事はあまりない。温度/湿度/風/錐の発生/樹木など、多くの条件が調わないと出現しないのだろう。かつて1回だけ「田代の岩屋」という青龍窟の上にあるドリーネ(滝不動or竜不動)で見た事がある。洞窟から立ち上る水蒸気が樹木に凍り付いたもの。ドリーネ底だったからこそ条件が揃ったのだろう。
 思い付いた霧氷は人工物である。氷点下のパーク内で葉を落とした樹木に噴霧器で散水してみたらどうなるだろうか? 強烈に冷え込んだ16日(日)の夕方実験開始。結果は写真のとおり。Imgp0350 Imgp0345 Imgp0354

2010年4月10日 (土)

芝桜の開花 その2

 広い面積に植えるので、雑草管理が非常に大きなウエイトを占める。その有効手段が防草シートである。裸地植え、野菜栽培で使われる黒い樹脂フィルム「マルチフィルム」や樹脂繊維を織った「防草シート」などを使い比べてみた。
 勾配の無い土地で、草の根を取除き、耕して植え、除草に手をかけるなら、裸地植えでよい。草取りに手が掛けられないなら、マルチフィルムを張る。ただし防草効果は2年くらいで樹脂が劣化し、草が突き出たり、強風で破れる。不透水性なので斜面だと水切れを起こす。またフィルムを張ったままで目土をすると、雨や水やりで土が流失してしまう。
 斜面では繊維織の防草シートがよい。フィルムとちがい雨は浸透する。逆に水蒸気も通すので根が蒸れない。3年くらいは持ち強風にもたえる、土を被せても雨で流れたりしない。植え穴をあけるのが少し固いのと価格が高いのが難点。斜面ではR0011707除草して地肌を耕すと雨で土が流れてしまう。雑草やススキ・根笹の根を残したままシート張りをして、2ヶ月ほど待つ。新芽が突き出ようとするので、シートの強度が必要だ。
 植え方もいろいろ試してみた。「十字」に切ったり「コの字」に切ったり。錐で開けた穴に、切り穂を差したり。結局どんな方法でも根が付くことが分かった。季節もあまり問わない。

2010年4月 5日 (月)

芝桜の開花 その1

 今日(04/05)、芝桜が開花しはじめた。ここしばらく気温が低く、北風が吹いていたが、今日は暖かい日差しに包まれた。平尾台自然の郷では約2万株の芝桜を植えているが、日当たりがよいところが咲き始めた。
 匍匐性の多年草で耐寒性・繁殖力が強いので、平尾台の気象条件に合うようだ。株で増え、種が飛散しないようなので、自然公園の方に侵入することもない。絨毯状に咲くが花期は揃って短く長い期間にわたって平尾台の景観に影響しないということで採用した。
 もともと芝生を植えていた部分で水はけが良さそうなところを置き換えている。R0011623斜面なので耕したり根っこを取り払うと、雨で土が流れてしまうため、芝を刈り込んですぐ防草シートを張り、1ケ月ほど置いて植え穴を開け、植え込んでいる。植える苗はポット苗でも、株分けの根付き茎でも、差し穂でもよい。季節も問わないようだ。
 工夫が必要なのは、後々の管理しやすさ だ。

2010年3月12日 (金)

平尾台で積雪30cm

 今日やっと除雪から開放された。3/10と3/11は九州ではこの時期希の大雪となった。平尾台と北九州市外を結ぶ県道28号(平尾台登山道)は、パークにとって唯一のアクセス路だし平尾台上生活者にとっては生活道路でもある。公園来訪者の利便・安全のため、道路情報通報業務もパークマンたちの仕事のひとつ。通報先は市(道路管理者・環境局)や警察、消防など。また通報だけではなく、通行支障(軽微なもの)の除去や、支障有り表示なども任務に含まれている。よく除去するオブジェクトは、道路に倒れかかった樹木・転がり落ちて来た石・車からの落下物・道路への投棄物・外れた水路蓋・雪・氷などである。建設会社ではないので応急処置をして、手に余るものは通報先が対応する。
 平尾台道は直線距離1kmくらいで標高500mかけのぼる。よって気象状態や道路路面状況がわずかな間に激変する。平尾台入口で雨でも吹上では吹雪、下が静穏でも上は暴風、下はクリアーでも上は視界ゼロということはよくあり、それを知らないと、車がスタックしたりスリップ事故が起こる。雪や凍結の状況は北陸の福井あたりに匹敵すると思うが、通過通勤車も台上生活者も北陸並みの寒冷地対策はない。
R0011242 R0011244  今回の雪は南を低気圧が通過し湿った雪をもたらした。樹木の枝葉に着雪し路面や草原にも急速に積もった。登山道沿いに無数の竹・篠が倒れ込み、根元径30cm以上もある針葉樹・広葉樹の倒木もめだった。10日夕に11日朝までチェーン規制以上の表示を出したらと通報したが、見込みで通行止の表示は出せないとのこと。まあ仕方ないので帰宅ついでに車線に憚る障害物の応急処理しながら下山したら10時を過ぎてしまった。翌朝早く出勤。登山道には新たな樹木の倒れ込みや枝の落下があった。「昨夜は降っていないのに?」と不思議に思った。その後、13日朝まで竹の倒れや大木の枝の落下が続いている。雪で折れたものが風や雨で落ちてくるのか?
 それにしても今回は枝折れ倒伏がひどく、いつもなら起き上がる竹類も起き上がらない。どうしたのだろう? それはたぶん台風が2・3年来ていないせいだと思う。中高木の梢にからみ大繁殖しているツルの類、木のような高い樹形のオオブタクサなどは暴風のないここ数年の平尾台で大増殖。同じように、路傍の木も道の方に繁り過ぎていた。

2010年3月 9日 (火)

野焼きは再々延期

 今日は明け方から雪。草原には5cmほどの積雪。雨が雪に変わったのはパークがある標高400mで明け方ころ、大平山や周防台では降り始めから雪の様で10cm以上の積雪だろう。今晩寒気が入り凍結すると、2〜3日は残る。11日予定の野焼きは中止、16日に延期された。こんなに延期が続く事も希だ。
 11時から、平尾台クロスカントリー大会の実行委員会に出た。3月21日の実施予定なので野焼きが早く終わって欲しい。16日の次の予備日、19日になったとしよう。野焼き直後の平尾台は、数日焦げ臭く埃っぽい。鼻炎やアレルギーだと呼吸が苦しい。成績に微妙な影を落としそうである。

2010年3月 4日 (木)

野焼きと終雪

 毎年平尾台で野焼きの後、一度積雪する。枯れ草が焼払われ地面が露出しているので、少し降っても山が真っ白になる。むしろ真冬の雪景色より、みごとな銀世界が現出する。その雪がその冬の最後の雪、つまり「終雪」になることが多い。福岡の終雪平年値が3月4日なので、平尾台の野焼きと相前後する。週間天気予報によると、3月9日、10日に降雪が予想されている。今年の野焼きが当初予定通り、2月28日か3月7日に実施されれば、例年通りのパターンだった。
 予報によると、4・5・6・7日は連日「雨マーク」。8・9日は「だるまマーク」が付いている。そのとおりだと、3月7日以降の野焼き予備日にも心配がつのる。
 野焼き実施にはいくつかの条件が調う必要がある。1)草原がよく乾燥していること 2)風が穏やかなこと 3)関係者の動員が可能であること 4)関係機関が揃って出動できること 5)当日火災気象条件でないこと などである。 よって雨は前日・当日には降って欲しくない。草の根元に残る雪も障害となる。事前に決めた予備日の範囲で実施できないと、関係機関の再調整も必要となる。関係者がやきもきしながら見守る、今週の「週間気象予報」である。

より以前の記事一覧